薬剤師から治験コーディネーターに転職するには

薬剤師から治験コーディネーターに転職するには

薬剤師になったら、ずっと薬剤師として働き続ける人もいますし、 途中で他の職業に転職する人もいます。 中には治験コーディネーターになる人もいて、新しい仕事に取り組んで 日々やり甲斐を持って働いているようです。

治験コーディネーターも薬に関わる仕事ですから、薬剤師の経験がある人なら スムーズに適応できるでしょう。 でも転職する際には注意しておくべきことがあります。 それは治験コーディネーターという仕事内容をしっかりと理解しておくことです。

転職する時にその職業のことをよく調べるのは当然と思うかもしれませんが、 意外とこれができていない人が多いのです。 なんとなく治験コーディネーターが良さそうだという軽い気持ちで 転職してしまうと、面接で落ちてしまうこともありますから、しっかり理解しましょう。

治験にはさまざまな職種の人たちが関わります。 ですから治験コーディネーターのことだけでなく、それらの職業についても 理解を深めておくと良いでしょう。 面接の際にはかなり細かいことを聞かれる場合もあります。 たとえばCRCとCRAはどう違うのかを聞かれた場合、すんなり答えられないと 面接に合格しない恐れがあります。

CRCとは治験コーディネーターのことで、CRAとは臨床開発モニターのことですが、 これらの特徴や違いを明確に把握しておくことは重要です。 こういった質問は最初は難しく感じるかもしれませんが、 きちんと学べばどなたでも理解できるはずです。

また応募する企業について、特徴や理念などを押さえておくことも大切です。 なぜその職場に応募したのかがきちんと答えられなくてはなりません。 さらに応募書類もきちんと細部まで考えて作成しておきましょう。 履歴書や職務経歴書といった書類で落とされてしまう人もいますから。

ただでさえ転職は勇気がいるものですし、緊張もします。 とくに薬剤師から治験コーディネーターへというように 仕事内容も変わる場合はなおさらです。 せっかくの転職を成功に導くために、転職サイトを利用したり、 コンサルタントからアドバイスを受けて対策を練ると良いでしょう。

↑ PAGE TOP