看護師の就職・転職先「総合病院」

看護師の就職・転職先「総合病院」

看護師が就職・転職するとなると、様々な選択肢の中から 自身のライフスタイルや希望条件、キャリアに沿った職場を選ぶ事が出来ます。 それぞれの職場の特徴を把握する事で、より自分にマッチした職場に出会う事が出来るのではないでしょうか?

ここでは、看護師の選択肢のうちのひとつである総合病院についてご紹介します。

そもそも総合病院とは、内科や外科、眼下、耳鼻咽喉科、産婦人科などの 主要な診療科を持ち病床数が100を越える大きな病院の事を指していました。 ところがこれは既に過去形で、現在では医療法の改正によって廃止されており、 「総合病院」という概念的な名前だけが現在でも使われています。

総合病院は大規模で多くの診察科があり、専門病院やクリニックほどの通いやすさはありませんが 専門性の高い医療を行っているという安心感が患者さん側から見た魅力なのではないでしょうか?

ほとんどの場合、総合病院は看護師への充実した研修制度を導入しており、 さらに多くの先輩看護師を抱えている事もあって、特に新人の看護師に人気の高い就職先となっているようです。

大規模な病院ですので、町の小さな専門病院やクリニック勤務ではなかなか出会う事のない 珍しい病気を目にする事もあるでしょう。より専門的で高度なキャリアを積むには打って付けの就職口ですね。

総合病院勤務でのデメリットを上げるとすれば、夜勤や残業の多さなのではないでしょうか? 昼夜を問わず常に患者さんの状態を把握しておく必要がある職場ですので、 総合病院から出される求人情報のほとんどは、他の求人と比較しても 夜勤・残業の多いものとなっているはずです。

さらに、看護師・患者さん共に人数の多い職場でもありますので、 人間関係での悩みを抱えやすい職場であると言われています。 看護師の就職・転職先の中でも比較的ハードな総合病院は、 苦労の多いぶん多くの事を学べる職場でもあるでしょう。 まだまだ勉強したい新人看護師、またスキルやノウハウを伸ばしたい 看護師向けの就職口と言えるのではないでしょうか?

↑ PAGE TOP