看護師が持つ選択肢

看護師が持つ選択肢

看護師が就職先や転職先を探すときには、実に様々な選択肢が用意されています。 一般的に、看護師の活躍の場としてイメージされるのは病院なのではないでしょうか?

医療関係で働いていない方にとって、日常生活で看護師と関わる事があるとすれば病院である事がほとんどです。誰にでも何らかの医療機関で、看護師のお世話になった経験があるはずで、それは一度や二度ではないでしょう。

看護師の方も、就職・転職先としてまず病院をイメージされる方が多いのではないでしょうか?

総合病院や大学病院などのおおきな病院や、町の専門病院、クリニック・・・ 「病院」と一口に言っても、そのスタイルは様々ですので、就職・転職先を 病院だけに絞ったとしても、看護師には様々な選択肢が存在しています。

また、内科・外科・小児科・放射線科・産婦人科 などなど・・・ どんな診察科で働くかといった選択をする事で、自身の得意な分野や キャリアを伸ばし、今後続く看護師人生に役立てていく事もできるでしょう。

看護師が病院で働く選択をするのであれば、 それぞれの病院が掲げるスタイルや、勤務する看護師に施される福利厚生、 さらに、正規の職員としてではなくアルバイトやパートなど、自身のライフスタイルや 希望条件に沿った職場を選ぶ事ができるはずです。

ところが、看護師は病院以外にも様々な場所で活躍をしています。 病院で出会う、白衣を着た看護師だけが全てではない事をご存知でしょうか? 例えば、企業や保育園・幼稚園で活躍している看護師も存在します。 さらに、介護施設、保健所、また訪問看護で働く方もいらっしゃるでしょう。

これらの就職口は、求められる人材像がそれぞれが異なっています。どんな仕事なのか、自分に適性があるのか、自身のキャリアプランにあっているか、「やりたい!」と感じれるか・・・ 看護師の皆さんは、それぞれの仕事の特徴を考慮し、就職や転職に役立てる必要がありそうですね。

看護師の方が就職・転職を成功させたいと考えるのであれば、 自分にどのような選択肢があるのかを理解しておく必要があると言えるでしょう。

↑ PAGE TOP